~アナログ夫婦とFCRのパンセ・マッシモのつれづれ成長日記~


by pensses
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

♪お誕生日おめでとう♪

今日、我が家のMお姉ちゃんの15歳の誕生日。
毎日、かわいがってくれるお姉ちゃん。大好きです。
これからも、やさしいお姉ちゃんでいてね。そして、勉強の合間でいいから、たまには散歩にもつきあってね。

by パンセ
[PR]
# by pensses | 2006-09-29 23:31 | パンセの成長日記

我思う故に我あり

爽やかな風が吹いて、レースのカーテンがそよぐ窓辺。
いつも物思いにふけるかのように、外を眺めるパンセ。

まるで、哲学者○○○○のよう(ちょっと言い過ぎですかね)。

名前の由来となった哲学者の言葉じゃないけれど、「我思う故に我あり」って考えてるの、ねえパンセちゃん。
a0090313_20502642.jpg

[PR]
# by pensses | 2006-09-28 20:51 | パンセの成長日記

のじぎく兵庫国体

いよいよ始まるのじぎく兵庫国体。
甲子園をにぎわしたハンカチ王子や卓球の愛ちゃんが国体参加のためやってきます(パチパチパチ拍手の音)。
しかし、私の住んでいるY市は、メジャーとはとうてい言えないハンドボール。
「なんでやねん」って思い切り関西弁で叫びたいが時すでに遅し(涙涙・・・)。
しかし、次に国体がくるのは約50年後。ひょっとすると、これはもしかして幸運なこと?と気持ちを切り替えるパンセパパです。
a0090313_2043997.jpg

そんな気持ちを知ってか知らずか、大会マスコットである「ハバタン」のボールをかじるパンセ。ハバタンが泣いているよ
[PR]
# by pensses | 2006-09-28 20:45 | パンセの成長日記

プチお散歩デビュー

今日、我が家のまわりを初めて歩いたパンセ。
風も爽やかになり、気持ちよく外を歩ける季節。
プチお散歩デビューです。
a0090313_22421556.jpg

かわいいカラーのハーフチョークをチョイス。
でも、はじめての散歩は、まともには歩いてはくれません。
まあ、最初はこんなもの。
最後はママに抱っこされて散歩を楽しんだパンセちゃんでした。
a0090313_22452099.jpg

[PR]
# by pensses | 2006-09-27 16:38 | パンセの成長日記

まったりモード

特に毎日、何もすることがなく、暇さえあればまったりモードに突入するパンセ。
お散歩デビューもしてなく、食っちゃ寝て食っちゃ寝ての三食お昼寝付き生活。代われるものなら代わってみたい。
a0090313_1441393.jpg

まだまだ毛が薄いパンセいつになったら立派な飾り毛がつくことやら
[PR]
# by pensses | 2006-09-26 14:44 | パンセの成長日記
 アニー。我が家がワンちゃんと暮らそうと決心し、初めて迎えたのがFCRのアニーでした。
縁あって神戸の方からアニーを譲り受けたのが、2001年の正月を幾日か過ぎた頃でした。
11匹兄弟姉妹で育ったアニーを譲り受ける日、育ててくださった方がとても悲しそうにしていたので、こちらが申し訳なく思いながら譲り受けたのが、昨日のことのように思い出されます。
生後1ヶ月のミレニアムベビーのアニーを見たときは、本当にかわいかったです。

 初めてのワンちゃんであり、容姿だけでFCRを決めてしまったような我が家ですから、最初はなれてなくて、何をするにもとても大変(思い込みもありますが)で、育犬?ノイローゼになりそうなほどでした。
 けれど、ペースをつかめば、とても賢い仔だということがわかり、すぐに我が家の環境にも慣れ、娘や息子(人間の方です)ともとても仲良く暮らしていました。

 2005年の冬に左の後ろ脚を少し引きずるようになり、靭帯を痛めたのかもと思い、しばらく様子を見ていたけれど、なかなか完治しませんでした。近くの獣医さんではできない検査でないと確定診断が出せなかったので、大阪の専門の動物病院で検査してもらった結果、膝の軟骨に悪性腫瘍との診断。

 獣医さんとも何度も相談し、少しでも長生きして欲しくて、泣く泣く決心し、断脚手術を行いました。
 その後、元気になったように見えたので、思い切って岡山のペンションにも行ったりしました。
しかし、検査数値も一進一退で、抗がん剤治療にも踏み切ったのですが、その途中で貧血がひどくなり、今年の6月8日の早朝に、虹の橋を渡ってしまいました。享年5歳と8ヶ月でした。
a0090313_9344113.jpg

a0090313_9322789.jpg

岡山のオリーブ園にて(2006年冬)
a0090313_9324616.jpg

a0090313_9342234.jpg

自宅近くの公園にて(2006年冬)

 私たち家族は、とても落ち込んでいたけれど、いつかまたワンちゃんを迎えようと思った矢先に、6月8日生まれのFCRの仔犬がHPにのっていました。何かとても惹かれるものがあり、 そして、縁あって、遠く神奈川県のブリーダーさんから迎えたのがパンセです。

 もちらんパンセはパンセであり、アニーの生まれ変わりじゃないけれど、アニーの分まで長生きして欲しいのが、家族全員の願いです。そして、アニーのことも忘れないようにとの思いでつけたのがこのブログのタイトルです。

 そんな思いを知ってか知らずか、パンセは今日もわが道をいくのでした。
a0090313_943510.jpg

いつも腹がへってましゅ 何かくだしゃい
[PR]
# by pensses | 2006-09-26 08:57 | パンセの成長日記

はじめての獣医さん

今日、はじめて獣医さんに行きました。
前に飼っていたFCRのアニー(この話は後で)の頃からお世話になっている獣医さん。
気心も知れているし、いろいろとお話をさせてもらっています(とても話好きの獣医さんです)。

パンセを抱っこして診察台の上に乗せるといやがることいやがること。少しもじっとしていません。
それでも体重を量ってもらうと、約10.5キロありました。
生後約100日あまり、順調に育ってくれています。
獣医さんが言うには「大型犬の仔犬は1日約100グラムずつぐらい体重が増えますよ」とのことでした。

食欲もありすぎるぐらいあるし、このまま順調に大きくなってね。
[PR]
# by pensses | 2006-09-24 08:49 | パンセの成長日記

腹ヘリコプター?

約8時間もの長距離ドライブ。車酔いもせず、我が家に無事到着。
最初はなんだかぎこちない動きをしていたけれど、しばらくすると慣れたみたいで一安心。
もしかすると食べないかもなんて心配も杞憂に終わるほど、食欲だけは誰にも負けないパンセちゃんでした。a0090313_2234249.jpg
[PR]
# by pensses | 2006-09-16 22:27 | パンセの成長日記

いざ我が家へ

a0090313_2150791.jpg
フラットの仔犬(パンセ)を迎えるのを機会に、アナログ人間がブログに挑戦です。

6月にメールで連絡をとりあってから3ヶ月。
我が家からブリーダーさん宅まで、片道8時間弱、約650キロメートルの道のりをこの日までに4往復。ようやく待ちに待ったこの日を迎えました。
ブリーダーさん宅で一時間ほど話をしてから、いざ車に。
「車酔いしないかな」と心配しながら、車に乗り込んで、いざ出発。
途中、仔犬に海を見せ、休憩もそこそこに我が家にたどりつきました。

さて、どうなることやら・・・。
[PR]
# by pensses | 2006-09-16 12:26 | パンセの成長日記